地震が来る前に知っておきたい心得とは?

いざという時のために!明日できる地震対策

地震に対する関心の問題

大地震が発生し、一時的に揺れが収まった後は避難する必要があります。 でも一体どこに逃げれば? どこを通って行けば良いの? そうならないためにも避難ルートを事前に確認しておきましょう。 このページでは避難ルートや避難時に避けたい服装などを紹介します。

まずは避難場所と経路の確認

私たちの住む国、日本は海に囲まれ、緑も多く、資源の豊かな国です。
しかし一方で日本は「災害大国」とも言われているように災害が多い国でもあります。
色々な種類の災害がありますが、その中で最も頻繁に発生し、恐ろしいものが地震です。
地球は大きなプレートが重なり合ってできており、その上に海と陸があります。
地震は地球の活動によりプレートにズレが生じることで発生する仕組みになっています。
日本は4枚のプレートの上にまたがるように位置しているので、非常に地震が起こりやすい地域でもあるのです。

地震は数十秒にして全てを破壊する力を持っています。
またその揺れによる津波や山崩れ等の二次災害も多いのも皆さんがご存じの通りです。

そんな、地震が多い国に住む私達は地震について詳しく知っておく必要があり、また対策などを事前に取っておく必要があります。
しかし日本人に対して行われた地震に関する調査のうち、「地震が発生した時のために対策を行なっている」という質問に対して、「はい」と答えた人は半数に満たなかったそうです。
また他にも「地震が発生した際、何をするべきかを把握している」という質問に対して「はい」と答えた人も少なく、わずか3割ほどだったそうです。
地震は我々にとって身近なものであるにも関わらず、地震に対する関心が低いというのが分かりますね。
正直自分も地震対策について何も知らない、という方のために、このサイトでは地震対策にまず最初にすべき事をまとめてみました。

おすすめリンク

避難袋の中身には何を入れるべき?

自然災害がいつ起こるかもどこで起こるかも予測する事は困難ですが、それに備えて準備をする事は誰にでもだきます。 では何を準備すればいいのでしょう? それは避難袋です。 避難袋とは災害時などの非常時に持ち出す、避難生活等に役に立つ物を入れた袋の事です。 では、中に何を入れるべきかを見ていきましょう。

大地震が起こったら

大きな地震で家が崩れなかったとしても、まだ安心してはいけません。 大地震の後は津波や山崩れなどの二次災害、または水や電気といったライフラインが途絶えてしまう事が多々発生します。 そんな時のために、地震が起こったらまず起こす行動をいくつか見ていきましょう。